メバリング関連

【月下美人ビームスティック極み】何が変わった?釣れるのか!?釣果実践!

ダイワのライトゲームブランドである月下美人

メバルやアジといった釣りで使用されている方も多いかと思いますが、その月下美人ワームであるビームスティックが新しくなりました!

その名もビームスティック極み

一体どう極みになったのでしょうか??

私は昔からメバリングではビームスティックを愛用しております。

従来のビームスティックでも釣果の方は信頼度抜群でありますが、さらに釣れるようになっているのでしょうか?

ビームスティックを愛用されている方なら釣果の方はご存じかと思います。

そして、ビームスティックを使用している方がほぼ同じ悩みと言っても過言ではないという、フックに刺しにくいという事!極みはどうなの?

この辺が気になりますよね!

実際に調べてきましたよ♪

【ビームスティック極み】特濃エビ粉コアとアミノXでパワーアップ

特濃エビ粉コアの外側を覆うようにアミノXが追加されています。

このアミノXはうまみ成分であります!

魚の活性を引き上げ、強烈に引き寄せる集魚効果があります。

これは現在大人気の快適リアルオキアミにもアミノXが使用されています!

過去に使用していますので釣果の方も期待できます!

リアルオキアミワームってどうなの?反則レベルなのか!? 前から気になってた新作ワーム・・・・。それはダイワさんから登場した快適リアルオキアミワームなんです! オキアミそっくりなワーム、...

これが釣れるビームスティックに追加されたら違反レベルになるのではないでしょうか!?

【ビームスティック極み】フックにセットしやすい!

従来のビームスティックは高強度マテリアルにより固めになっています。

それによって釣れる波動と、フグ等にかじられて切れるのを防ぐといった恩恵が生まれているのであります。

しかし、デメリットとしてフックに刺しにくいといった事になってしまう訳であります・・・。

そこで極みでは高強度マテリアルを維持しつつ、従来より少し素材を柔らかめに設定されています。

同じ位置で持つとこれだけの差が出てきます。

ということはフックにセットしやすい!?

実際にビームスティックとビームスティック極みをセットしてみました!

まっすぐにワームをさせるまでしましたが、

結論を正直に言いますと・・・。

ビームスティックよりは早くセットできます!

驚くほどの違いは感じませんでしたが、柔らかくなっている分ワームに差し込む感じが違います!

これは従来の刺しにくいビームスティックを体験していれば分かるかと思います。

ここも欠点を克服していると言っても過言ではないと思います。

ワームサイズは1.5インチと2.2インチがあります。

【ビームスティック極み】釣果の方はどうなのか?

皆さんが一番気になる事。それは実際釣れるのかという事ですよね??

そこで、(自宅から徒歩3分で釣りポイントに到着できる環境に住んでいる私が)確かめてきましたよ♪

11月に入って水温も下がりライトゲームの季節になりましたので、釣果を試すのにピッタリであります。

従来のビームスティックは釣れましたが極みはどうでしょうか?

今回は月下美人ビームスティック極みだけで釣果を出します!

ワームサイズは1.5インチを使用します。

ジグヘッドの重さ調整だけで豆アジは簡単に釣れます!

ワームのカラーはグローのゆかり、紫外線発光の胡麻塩しらすを使用しました。

そしてビックリしたのがなんと、

チャリコです!

ここのポイントでは釣れた事なかったので正直驚きました。

これもアミノXの効果なのでしょうか!?

そして最後に本命のこの魚がきてくれました!

良型メバル(24㎝)であります!

いきなりこのサイズがくると少々焦ります(笑)

従来のビームスティックも釣れましたが、

やはり月下美人ビームスティック極みも釣れます!

間違いなく釣れるように進化をしています!

結論から言いますと、ライトゲームでは釣れる超おススメのワームであります!

このビームスティック極みでデカメバルを狙いましょう♪

メバリング・デカメバルを釣りたい!尺メバル釣り方・ポイント選びと時期 皆さんメバリングは絶好調ですか? デカメバルの引きは一度味わったら病み付きになるくらい強烈でアングラーを虜にさせます。 場...

皆さんも是非試してみてください!

ではよい釣果を!

 

ABOUT ME
タミカミ
福井県で自宅から徒歩3分で海!の環境に住んでいます。趣味の釣りをこよなく愛している働くおじさんです。 釣り歴28年という長い経験を活かし、今までの知識を全てブログに書いていきます!新しいルアーも挑戦して釣行します。 皆さんの欲しい情報を提供していきます♪ 記事に間違え等ありましたら、ご指摘いただけたら幸いです。 気軽にTwitterのフォローもお願いいたします!   
関連記事