エギング関連

秋アオリイカ2020釣行/Part6/エギ王スケスケキャンディVSムラムラチェリー

今年2020年秋もアオリイカ釣行楽しんでいます♪

前回のアオリイカ釣行の日記はコチラ→釣り日記

秋のアオリイカも本格的に狙えるシーズンとなりました。

陸やボートから多数のエギンガーがアオリイカを釣られております。

エギングではアオリイカのいるポイントを探し出す事が良い釣果へとつながります!

私はボートエギングなのでポイントをランガンして探っていきます。アオリイカがいるポイントはすぐに反応があり、比較的簡単に釣ることができるのがボートエギングの醍醐味であります。

じゃあエギのカラーはなんでもいいのか?

イカが居たら釣れる?

そんな疑問が出てきます。

今回の釣行で体験した事がありますのでご紹介します!

アオリイカのいるポイントではすぐに反応がある!

これは前回の釣行から分かっていましたが、今年は去年釣れたポイントを流しても全然釣れないのです。

エギや攻め方を変えても結果は同じであります。

おそらくそこにアオリイカが居ないからです・・・。

逆に去年釣れなかったポイントで釣れたりしているのです。アオリイカの居るポイントではすぐにエギを触ってきてティップに反応がありますので間違いないです!

今年はアオリイカのいるポイントを探し出すのに苦労しています・・・。

しかし、アオリイカの群れが居るポイントを探し出せれば比較的簡単に釣ることができます!

フラッシュブーストであろうが、

エギ王K新色スケスケキャンディでも釣れます!

やはりアオリイカが居たらエギのカラーはなんでもいいのか?

今回二人で釣行してますので、私はエギ王新色スケスケキャンディ、もう一人が大人気のエギ王ムラムラチェリーで試していきます。

エギ王K新色敗れる

先ほども言いましたが、アオリイカが居ないポイントで勝負しても意味がありません。

アオリイカが居るポイントを探しながらエギを一切変えずにシャクっていきます!(皆さんはマネしないでね、飽きます)

居ないと思っているポイントでも単発ですが結果が出るのが、

今も大人気のムラムラチェリー!

ポイントを流しての繰り返しの短時間勝負ですが合計5ハイを連続釣っていました。

私の新色スケスケキャンディはというと・・・。

・・・・。

・・・・。

0ハイです!はいっ!

釣れないどころかお触りすらありません!!!

2馬力艇なのでエギを落としている位置もほぼ変わりません!

似たようなカラーなのに不思議であります!

どちらもケイムラで下地がピンクの違いであります。

ピンクの下地がよかったのかもしれません。

でもエギ王新色の方が勝つに決まっていると思っていましたよ・・・・。

ムラムラチェリーに変更したくてウズウズしてましたが耐えましたよ(笑)

今回はたまたまかもしれませんが、他のカラーも今後試していきたいですね!

群れが大きいとカラーはなんでも反応する事が多いですが、群れが小さい場合はそうもいかないですね・・・。

やはり群れが小さい時や活性が低い?場合のカラー選びも重要ですね・・・。

でも活性が高いとほとんどのカラーで反応がありますよ~。

ティップランエギングは、活性の高い個体が居るポイントを探って効率よく釣る方法なので仕方ないですね・・・。

釣果に差が出る時は釣れているカラーに合わせましょう!(笑)

色々な釣り方をすれば答えが見つかる!

今回の釣行で得た事はエギのカラー選びですね!

アオリイカの群れがいるポイントも大事ですが、活性の低い個体や群れが小さい場合などを考慮してエギやカラー選びをする事が釣果の差が付くという結果になりました。

どんな釣りでもそうですが、魚やイカがどのように見えているか?を考えて攻略していく事が重要なのであります。

答えは魚やイカに聞かないとわかりませんが、その答えを探していく事も釣りの醍醐味であります!

まずはポイント選び、そして結果に結び付くようにエギやカラーといった感じで攻めていくと良い釣果に結び付きますよ♪

結果から言いますと、

やはり大人気エギ王Kムラムラチェリー強し!

ではよい釣果を!

ABOUT ME
タミカミ
福井県で自宅から徒歩3分で海!の環境に住んでいます。趣味の釣りをこよなく愛している働くおじさんです。 釣り歴28年という長い経験を活かし、今までの知識を全てブログに書いていきます!新しいルアーも挑戦して釣行します。 皆さんの欲しい情報を提供していきます♪ 記事に間違え等ありましたら、ご指摘いただけたら幸いです。 気軽にTwitterのフォローもお願いいたします!   
関連記事