アジング関連

ライトゲームに最適なクーラーボックス!クールラインα(アルファ)/ダイワ【エギング・アジ・メバル】

ライトゲームと言えばエギング・アジング・メバリング。

現在でも大人気であるライトルアーフィッシングはこの3つである。

この3つを全部狙えるようにタックルを準備している方も多くいます。

しかし、クーラーボックスは全てに対応できるのか?

比較的小型の魚であるライトゲームでは、クーラーボックスが大きすぎる方も多く、移動の際も大変苦労します。逆に小さくて軽くても今度は入らないといったデメリットが発生します。

そうお困りの方に、ライトゲームで最適なクーラーボックス【ダイワ・クールラインα】を勧めます。

これでライトゲームで釣った魚全てに対応して美味しく保存しましょう!

ダイワ クールラインα GU/S・1000XLS・1500XLS

多彩なオプションが魅力の小型クーラー。

エギング、アジング、メバリングといった各種SWライトゲームにピッタリ。小型で持ち運びも楽々なサイズ。両開きの上フタ、投入入口付き、ロングハンドルの機能と、竿立て2個、小物入れ1個の付属。高水準保冷力も確保。

SWライトゲームに特化したクーラー

品番 容量(ℓ) 自重(㎏) 断熱材 保冷力 価格(円)
GU 1000X LS 10 2.3 ウレタン KEEP 35 17,000
S 1000X LS 10 2.1 スチロール KEEP 25 13,500
GU 1500X LS 15 3.2 ウレタン KEEP 38 18,500
S 1500X LS 15 2.9 スチロール KEEP 33 14,900

種類の違いはサイズ保冷力

1000は10ℓ、1500は15ℓを表し、保冷力はGUがウレタンで強く、Sはスチロールで劣るがその分重量が軽い。

KEEPとはダイワの新たな指標。KEEPは氷が溶けきるまでの時間を表しています。

KEEP38とは氷が38時間保てるという意味。

詳しくはダイワ公式→クールラインα ライトソルト

カラーラインナップは4種類。

グリーン・ネイビー・Gレッド・Gブルー

クールラインα カスタム(付属品)

クールラインαには竿立て小物入れが付属しています。

ベルトはGUのみ付属。

竿立てと小物入れは自由な位置に装着する事ができます!

使用用途や自分好みに合わせた場所に装着しましょう。

まずは、位置合わせから。

均等な位置で合わせます。(自由な位置に装着できるのでお好みの場所に)

側面には継ぎ目の線があるので、それを目安にすると均等に振り分けができます!

竿立てを装着の場合は大きさにより、どうしてもロングハンドルが下まで下がりきる事ができなくなるので注意。

位置が決まれば両面テープで貼り付けて仮止めをします。

竿立てと小物入れ両方に両面テープがセットに貼り付けてあります。

仮止めができたら再確認してビス止めをしていきます。(電動があると楽)

仮止めの時点でしっかりと確認してから!

この手順で小物入れも逆に装着します。

これで装着は完了!

そして、もう一つ付属品ではありませんが、滑り止めを付けます。

【CPふんばるマン】というアイテム。ダイワの様々なクーラーの裏面に装着できるようにサイズ別に設定されています。

ここで注意したいのが、ふんばるマンのサイズです。

クールラインαの10ℓは【CPふんばるマン】、15ℓは【ふんばるマンL】となります!

間違えないようにしましょう!

裏面に滑り止めがあると安定します。ボートで使用する場合は必須なので、ふんばるマン装着を勧めます!

これで最低限の装着は完了です。この他にもダイワから様々な便利アイテムがリリースされています。

PC-816(S)(別売)の取り付け例とPC-1020α(別売)の取り付け例。

出典 ダイワ

クールラインα(アルファ)はライトゲームに最適!

ライトゲームは主に小型である魚のため、大きいサイズのクーラーは必要ありません。

このクールラインα ライトソルトはピッタリ!ライトゲーム専用に設計されているのです。

持ち運びスタイル

ライトゲームでは持ち運びが重要。

クールラインαはランガンスタイルを考慮した設計になっており、このクーラーのみで運べると言っても過言ではありません。

重量が気になる方は10ℓを選ぶと良いでしょう!

保冷力

保冷力は釣った魚の鮮度を保つのに必要。

新鮮な魚をキープして持ち帰り、美味しく頂けます!

クールラインαなら鮮度抜群に持ち帰れること間違いなし!

投入口付き

ライトゲームでは小型の魚が基本。

この投入口があるとすごく便利です。いちいちクーラーを開けなくてもココから魚をポンポン入れる事が可能。

フタの開け閉めによって、せっかくの保冷力が台無しになるのも防ぎます。

非常に便利な機能となっています!

両開きタイプ

両開きによって向きを気にせずに使用することができます。

ランガンスタイルでもクーラーの置き方を気にする必要なし!

クールラインα 1000か1500どっちがいいのか?

10ℓと15ℓは大きさや重量も違い、自分の用途に合った方を選びましょう!

内寸は以下の通り

10ℓ 17×26×22(㎝)

15ℓ 17×36×23(㎝)

重量は以下の通り

10ℓ GU=2.3 S=2.1(㎏)

15ℓ GU=3.2 S=2.9(㎏)

大きな違いは幅になります。小型といっても尺を超えるようなサイズが釣れるとキツくなる10ℓ。しかし重量の方は10ℓが有利!

15ℓは少し重くなりますが、尺を超えるサイズでも魚が折曲がる事なく入る事が可能。

この差を参考にして選ぶと良いでしょう!

大人気であるソルトライトゲーム。

そのライトゲームに特化した【クールラインα】一度試してはいかがでしょうか?

ライトゲームには最適なクーラーとなりますよ♪

何よりもデザインがカッコいい!

ABOUT ME
タミカミ
福井県で自宅から徒歩3分で海!の環境に住んでいます。趣味の釣りをこよなく愛している働くおじさんです。 釣り歴30年という長い経験を活かし、今までの知識を全てブログに書いていきます!新しいルアーも挑戦して釣行します。 皆さんが欲しい情報を提供していきたいと思います♪ 記事に間違え等ありましたら、ご指摘いただけたら幸いです。 気軽にTwitterのフォローもお願いいたします!   
関連記事
メバリング関連

メバリング・ワームかプラグどっちがいいのか?

2020年5月2日
タミカミブログ
メバリングとくればジグヘッドにワームのジグ単と言われる物が主流であります。 しかし、皆さんもご存じの通りプラッギングと言われるプラグを使ってメバルを狙う方法もあります。  …
エギング関連

ティップランエギングはよく釣れるのか??ボートエギング/キャスティング比較!アオリイカ

2021年8月22日
タミカミブログ
現在でも大人気のルアーフィッシングであるアオリイカのエギング。 最近はショアエギングからボートエギングに挑戦する方が増えてきています …
エギング関連

【エギング・ティップラン・スナップ】入りにくい!自分に合ったスナップに改造!

2020年12月22日
タミカミブログ
ティップランエギングでよくあること。 ノーズシンカー装着によって穴が小さくなってしまって、スナップがなかなか通らなくてイライラする! …
メバリング関連

【冬の釣り】ショアからライトゲームの定番・メバリングで決まり!短時間で好釣果を出そう!

2020年12月19日
タミカミブログ
12月中旬になりますと本格的な冬到来となり魚釣りも厳しい季節となります。 水温低下と共に沖の深場へと魚たちは移動していきます。(日本 …