エギング関連

【エギング・ティップラン・スナップ】入りにくい!自分に合ったスナップに改造!

ティップランエギングでよくあること。

ノーズシンカー装着によって穴が小さくなってしまって、スナップがなかなか通らなくてイライラする!

早くエギを落とさなければポイントが外れてしまう!

ってお困りじゃないですか?

ノーズシンカー付けずにティップラン用のエギでいいじゃん!ティップラン用のスナップ使えばいいじゃん!

っとなりますが、ノーズシンカーを使用されている方は沢山います。ティップラン用のスナップはこれだ!っという形がないのが現状です。(個人差があります)

もしティップラン用のスナップでお困りの方は、今回ご紹介する方法で解決するかもしれません。

スナップに工夫を加えるだけなので誰でもできます。

今回はそんなティップラン用のスナップ改をご紹介します!

ティップラン用のスナップとは

ティップランでエギにノーズコーンシンカーを付けた事のある方は分かります。

装着するとエギのラインアイの部分が極端に狭くなるのです。エギの相性によっては全くラインアイが出てこない事もあるので注意が必要です。

私は普通のルアースナップ(クイックスナップ)を無理矢理入れ込んでた時期もありました・・・。

そうするとなかなか入らずイライラしますし、ティップランなので船酔いも誘発します。

そこでティップラン用のスナップという便利アイテムが各メーカーからリリースされている訳であります。

小さい穴にも通せる仕様になっています。

ティップラン用のスナップ

自分に合ったティップラン用エギスナップ選び

現在は各メーカーから沢山の種類のエギスナップがリリースされています。

私自信もいろいろなエギスナップを試してきました。

しかし、形があまり好みじゃなかったり、ローリングが付いていなかったり、付いていてもローリングの部分が大きかったりと、これだ!っという自分に合ったスナップを見つける事はなかなか難しいです。

個人差はありますが、少なくとも私はそうでした・・・。

それまではヤマシタさんのこのスナップを使用していました。

このスナップは形も良く小さな穴も簡単に通せて交換も素早くできました。しばらくの間はこれを使用していました。

しかし、ローリングが無いとエギの向きが固定されるという事もあり、残念ながらこれではない!となってしまいました・・・。

そこで次にダイワさんのこのスナップを使用しました。

しかし今度は、スイベルとスナップが大きくてガシャガシャしました。サイズのラインナップも私に合ったちょうどいいサイズがありませんでした・・・。

他メーカーのスナップを調べましたが、残念な事に自分に合ったスナップはありませんでした。

そこで考えて少し工夫する事を決意します!

エギ王TGスナップにスイベルをカスタム!

形がよかったエギ王TRスナップを自分でカスタムします!

カスタムといっても別売りのスイベルを組み合わせるだけです!

このような感じになります。

このスイベルはサイズの種類も豊富なので自分に合った大きさを組み合わせる事ができます!

しかも、どちらも10個入りなのでちょうど10セット作れる所も完璧です!

やり方はエギ王TGスナップの引っ掛けを外してスイベルを通して閉めるだけです。

簡単にできます!

そうすると自分に合ったサイズができます!

先ほどのダイワのイージースナップと比べると、

このようにちょうどいいサイズを作る事ができます!

私はずっとこのスナップカスタムでティップランエギングをしています。

これはかなりおすすめです!

自分の好みのサイズでスイベルを選びましょう♪

エギングスナップ・まとめ

いかがだったでしょうか?

エギングスナップは各メーカーから色々な形がリリースされています。

自分はこれだ!と思っていても、実際使用してみるとこれではない・・・。という事も多々あるかと思います。

逆に違うスナップを試してみたら、こっちの方が良かった!なんて事も全然あります。

確実に個人差がありますが今一度、色々なメーカーさんのスナップを試してみて、自分に合ったスナップを探してみてはいかがでしょうか!

もし見つからなければ今回のように工夫すると良いかもしれません。

ではよい釣果を!

 

ABOUT ME
タミカミ
福井県で自宅から徒歩3分で海!の環境に住んでいます。趣味の釣りをこよなく愛している働くおじさんです。 釣り歴28年という長い経験を活かし、今までの知識を全てブログに書いていきます!新しいルアーも挑戦して釣行します。 皆さんの欲しい情報を提供していきます♪ 記事に間違え等ありましたら、ご指摘いただけたら幸いです。 気軽にTwitterのフォローもお願いいたします!   
関連記事