魚釣りの疑問や質問

ロッドの硬さって重要なの?誰もが悩むロッドの硬さ選び!ラテオML・L実験

皆さんはルアーフィッシングのロッドを購入する際、数々の種類があるロッドの中からすぐ簡単に選べれますよね?

それは、何を狙うためのロッドかは各メーカーさんから専用でリリースされているからであります。

シーバスを狙いたいならシーバスロッドですし、エギングならエギングロッドですよね!

では硬さは??

となると皆さんいきなり迷いませんか?

購入したはいいけどちょっと硬すぎるなぁ・・・。

なんてなることもあります!!

そうなんです、硬さ選びは釣果にも影響する重要な部分ですので軽く考えて決めていてはいけないんですよ!

今回はそんなロッドの硬さ選びについて私が経験した話も加えて説明していきます。

硬さのみに絞ってご説明していきますのでご了承ください。

ロッド硬さ(パワー表示)の種類

初心者の方はLやらMLというアルファベットを聞いてもよく分からないかと思います。

基本的にはULからXHといった感じで硬くなっていきます。

簡単に表示させるとこのようになります。

UL=ウルトラライト (すごく柔らかい)

 L=ライト     (柔らかい)

ML=ミディアムライト(少し柔らかい)

 M=ミディアム   (普通)

MH=ミディアムヘビー(少し硬め)

 H=ヘビー     (硬い)
 

XH=エクストラヘビー(すごく硬い) 

ほとんど場合はMを基本として、そこから硬くするか柔らかくするかになります。

やはり平均的な硬さのMやMLが多くなります。

それではなんで硬さが重要か?ということについてお答えしていきます。

硬さによってロッドの竿先の曲がりが違う・実験

購入する際は必ず釣り具屋さんで曲がり方を確かめてください。

LとMの穂先を持って曲げてみると見事に曲がり方が違います。

そこで実際に実験いたします!

ここにダイワさんのシーバスロッド・ラテオLとMLがあります。(モデルも同じです)

このラテオ、値段はリーズナブルでもスペックは申し分ありません!

オススメできるシーバスロッドになりますよ♪

どちらもLの付くロッドで柔らかいですが、差はあるのでしょうか?

ラテオのLかMLで迷っている方は必見ですよ!(前のモデルで、現在はLがありません)

実験はちょうど家にあったジュースを使用します。

190gとちょうどいい重さになりますね!(ペットボトルのいろはすじゃ重すぎてロッドがぶち曲がったのは内緒です)

これをロッドを水平につるして曲がり方を比べてみます!

いきまーす!

柔らかいMLよりさらにLは曲がり込みます!

Lは約20㎝ティップが下がります。

注意)実験の条件によって誤差がありますのでご了承ください。メーカーによっても硬さが違います!

画像ではわかりにくいですが、実際見ると差は大きいです!

これがMとLであればかなりの差があるかと思います。

ロッド硬さによるメリット、デメリット

単純に柔らかいロッドは曲がりやすくショートバイトでも弾かれにくくなり釣れやすくなります。しかし、大物とのファイトは少々不安になってしまいます。

反対に硬いロッドは弾かれやすくなりますが、パワーがありますので大物とのやり取りも簡単になってきます。

これに関してはただの木の棒で釣りをすれば理解できる事かと思います。

木の棒パワーがありダイレクトに針にテンションがかかります。

竹の竿はシナリがありますのでクッションになり針に負荷があまりかかりません。

ロッドの長さやバッドの太さ等によってパワーは違ってきますが、ここでは省略して硬さのみでいきます。

まとめますと、

柔らかいロッドは、

柔らかいので魚の食いがよくなる

クッションによってバレにくい

柔らかいので魚とファイトを楽しめる
柔らかいのでフッキング力に若干弱くなる

クッションによってバイトが手元に伝わりにくくなる

大物のファイトにやや不利

硬いロッドは、

硬いのでフッキングがしっかり決まる

バイトが手元に伝わりやすくなる

大物でも寄せてこれる

硬いのでショートバイトを弾きやすい

ファイト中は針に負荷がかかりやすい(バレやすい)

硬いのでファイトの面白さが落ちる傾向にある

これは個人的な意見になります、実際とは異なる場合がありますのでご了承ください。

ロッドの硬さで過去に体験した話

ここでロッドの硬さで私が体験した事を紹介していきます。

私がリバーシーバスでランカーを狙っていた頃(15年前くらい)、釣れないときは小さいシーバスを狙っておりました。

ランカーに相手にされないんでチビシーバスに相手してもらってました。

そこで投げてたルアーはマリアさんのブルースコード60?の小さいやつです(笑)

思い出して探してみたら当時使用していたブルースコードがありました!

もうボロボロです!行きつけのドブ川でこれさえ投げれば、もはやエサと言えるくらい釣れました。ちなみにこれで80アップも釣りました!

さて話は戻りますが、

あの時はなぜかエギングロッドしか持っていなくて、とりあえずエギングロッドでいつものようにチビシーバスを楽しもうと思ってました。

硬いエギングロッドと言う事もあったけど、ブルコ(ブルースコード)投げれば釣れるんで硬いエギングロッドで始めました。

結果は・・・。

まったくのりませんでした(笑)

さすがにもはやエサと言えるくらいなんでバイトは多発ですよ!

しかし乗らないんですよ・・・。

硬いんでぜーんぶ弾いちゃって結局ボウズですよ。

それから硬さは慎重に選ぶようになりましたね(笑)

これは極端な硬さ違いによる体験なのでご参考までに・・・。

これは、ブルースコードみたいなシンキングペンシルだと恐らく食い方が違うからだと思われます。

ミノーの場合は追いかけて真下辺りから反転して確実に食ってくるのに対して、小さいシンキングペンシルだと吸い込んで食ってきます。

そうです!吸い込むんですけど、ロッドが硬いとお口に吸い込まれにくいのです。

よってショートバイトで乗らずに終わってしまうのであります。

という過去の体験でした(笑)

状況に応じたロッドの硬さ選びが必要になってきます。はいっ!

ロッド硬さ選び・まとめ

いかがだったでしょうか?

ロッドの硬さ選びは重要な事がわかりましたか?

ロッドメーカー選び、長さ選びも重要ですが、硬さはもっと重要な部分ですのでしっかりとご自身にあった物を選びましょう!

その際は釣り具屋さんで自分の目で確かめてから購入するようにしましょう!

私のおススメは柔らかめであります(笑)

ではよい釣果を!

新しくなったダイワさんのラテオかなりいいですよ~♪

新しいラテオはLがありませんので注意してください。

 

ABOUT ME
タミカミ
福井県で自宅から徒歩3分で海!の環境に住んでいます。趣味の釣りをこよなく愛している働くおじさんです。 釣り歴28年という長い経験を活かし、今までの知識を全てブログに書いていきます!新しいルアーも挑戦して釣行します。 皆さんの欲しい情報を提供していきます♪ 記事に間違え等ありましたら、ご指摘いただけたら幸いです。 気軽にTwitterのフォローもお願いいたします!   
関連記事