メバリング関連

メバリング・ワームかプラグどっちがいいのか?

メバリングとくればジグヘッドにワームのジグ単と言われる物が主流であります。

しかし、皆さんもご存じの通りプラッギングと言われるプラグを使ってメバルを狙う方法もあります。

ほとんどの方がジグ単のワーム派である事は間違いないです。その中で状況によって使い分け、どちらも使用されている方は上級者とも言えます!

ではなぜワーム派が多いのでしょうか?

メバリングをする人なら、プラグも一度は試した経験はあると思います。ですが、結局ワームに戻ってしまうのですよね・・・。

そこで今回はメバリングのワームとプラグどっちがいいのかをご紹介していきます!

後半に私のメバリングで体験したすごく大事な事も紹介しますよ♪

ワームとプラグの違い

まず、当たり前ですが、ワームはソフトルアーで、プラグはハードミノーという形に分かれます。

ワームはよりリアルに近い波動のため、プラグよりもあらゆる条件に対応でき、釣れやすくなります。これは他の釣りでも言えるでしょう!

しかし、ソフトルアーはハードミノーに比べてアピール度で劣ります。

メバルの釣れるサイズはやはりプラグに軍配が上がります!

根掛りが多いポイントでは、ワームの方が攻めやすくなります。ロストした場合の事も考えるとプラグは高価な事もあり、ジグヘッドの方が精神的にも有利になります!

まとめますと、

ジグヘッドワームの特徴


ナチュラルな波動によりメバルに不信感を与えない
 

ジグヘッドの重さ調整によりレンジ幅が対応できる

ワームのカラーやチェンジが豊富にできる

根掛りの多い場所でも対応できる

小さいメバルでも釣れてしまう

プラグの特徴


風がある時でも飛距離が出せ広範囲を攻めれる

アピール度は抜群

サイズの大きいメバルが釣れる

ワームに比べアタリがダイレクトに伝わる

根掛りが多い場所では不向き

高価なため種類を増やすのにコストがかかる

メバリングでワーム派が多い理由

ではなぜ、どちらも釣れるのにワームが人気なのか?

ワーム派が多い理由としては、メバリング=ワームという固定概念が存在しているためであります。

お店でメバリングコーナーを見ても、ワームがたくさんあり種類も豊富にあります。その片隅に少しだけプラグがあるという状況です。

値段も良心的で初心者の方にも購入しやすく、ベテランの方はカラーやワームを種類豊富に揃えることができます。

お手軽にワームを購入しやすい訳であります!

それに比べてプラグの場合は、ワームの横のコーナーで小さなルアーに1000円と値札が張られている状態です。

ワームから見た人は「高っ!」となり購入を拒否されます。

この事がワーム派が多い理由であります!

ワームとプラグはどっちが釣れるのか

ここは長年メバリングをしてきた経験によって書いていきます。

私の個人の見解になりますので、正確なデータなどは出せませんがご了承ください!

私は15年くらい前からメバリングを始めました。一緒に始めた他の人は全員ワームで、私だけがプラグのみ使用という状態を3年くらい続けました。

昔でいうと月下美人 夜叉の時代でしたね。

夜叉と夜霧の比べた日記はコチラ→デカメバルを追いかけてpart2

初心者だった事もありいろいろなポイントを開拓してました。他の人はワームでも私はずっとプラグ投げてましたよ・・・。

結果はというと、どちらも釣れるのですが明らかに数の差がありましたね。

えぇ、ワームの方が数が釣れるのですよ・・・(笑)

覚えてるのは、3年ぐらいで一回だけですね、プラグが数で勝ったのは。

しかし、流石にサイズではプラグでは負けなかったです!デカいです

それからはずっとワーム派になってまいました。最近のデカメバルを追いかけて日記でプラグ派に少し戻りましたが(;´Д`)

これは個人的な意見になりますので参考程度にお願いします。

ワームの方が釣れやすい!

使い方によって差が出る

経験上、初心者だったこともありプラグですべての状況をクリアすることは無理なのです。当たり前ですが、使い方や釣り方によって差が出ます。

プラグの場合、活性が高く表層を意識している時はワームよりも効果的であります。活性が低いボトムを意識している時は不利になります。

その点ワームは、あらゆる状況に対応できるため釣れやすくなる訳であります!

しかし、ワーム、プラグでも使い方によっては、いるのに釣れないという場合が出てきます!

これは最近体験した事で、プラグを投げようがワームを投げようがまったく反応がない状況でした。しかし、ちゃんといました!

そこからは爆釣でどこにいたかというと、絵が下手ですみません・・・。

普段は1番のコースでしたがさらに下の2番でしたね・・・。普段のやり方で釣れないとメバルがいないと思われがちですが、ちゃんといるんですよね。

1番の場合はプラグで攻めることはできますが、2番は厳しいですね・・。フローティングならストップさせ浮かせることができるかと思います。

ですが、プラグの場合だと種類や技術がないと確実にロストです!

そこからは軽めのジグヘッドで、2番のコースをいかにスローで引けるかで爆釣でしたよ♪

おるんかい!ってなりましたから(笑)

メバルのいる場所や状況によってワームかプラグを選ぶ事が大事なんですよね!

ワームかプラグか? まとめ

まとめますと、ワームはあらゆる状況をカバーできるため、その結果釣れやすくなり、人気がでる訳であります。

どちらが釣れるか?と言えばどちらも釣れる

どちらが釣りやすいか?と言えばワームです!

しかし最強はワームとプラグを使い分けることなんです!

プラグが勝る時は絶対にありますので、ワームであらゆる状況をカバーしながらプラグでデカいメバルを狙いましょう!

ワームとプラグ両方を使おう!

ではよい釣果を!

ABOUT ME
タミカミ
福井県で自宅から徒歩3分で海!の環境に住んでいます。趣味の釣りをこよなく愛している働くおじさんです。 釣り歴28年という長い経験を活かし、今までの知識を全てブログに書いていきます!新しいルアーも挑戦して釣行します。 皆さんの欲しい情報を提供していきます♪ 記事に間違え等ありましたら、ご指摘いただけたら幸いです。 気軽にTwitterのフォローもお願いいたします!   
関連記事