シーバス

アイマ・コウメは初心者にも使えるバイブレーション!おすすめカラーは?

ima-koume(アイマ・コウメ)はアイマシリーズでも古い部類に入るが、現在でもラインナップとして残っている。

その理由は一言で言えば「使い勝手が高いルアーだから」である。

初心者でも扱いやすいとされる【アイマ・コウメ】。

その魅力とスペックなどをご紹介します。

アイマ・コウメとは?

ミノーのような見た目とカミソリのようなエッジが特徴のスリムバイブレーション。

その形状から、手元にしっかりと振動が伝わるルアーとなっています。90、80、70、60のサイズラインナップによって、小型ベイトから大型ベイトを捕食している場合などあらゆる状況に対応可能。

操作感、姿勢、飛距離とトータル的に高い性能であり、汎用性の高いルアーだと言えます!引き抵抗を極限まで軽減し、ストレスなく長時間使えるのも特徴。

初心者でも扱いやすく、おすすめできるバイブレーションとなります。

価格 1,760円

コウメの使い方

コウメはその形状から様々なアクションが可能。状況に応じた釣り方ができる他、アングラーが思うアクションを簡単に演出する事ができます。

ここではその一部を紹介します。

タダ巻き

基本はタダ巻きで釣れます!

タダ巻きでもリーリングスピードを使い分ける事によって、通すレンジに変化を付けましょう!

狙うレンジによって釣果の差は大きくなる傾向にあります。釣れるレンジを通すイメージで巻くスピードを変化させましょう。

早巻き、低速巻きどちらでもしっかりとアクションするので釣れます!

ダート

ロッドを軽くジャークするとコウメはダートします。

カミソリエッジの形状から生み出されるダートは、シーバスにも効果的なアクションとなります。

タダ巻きでは反応しない活性が低い場合でもスイッチが入る事があるのでおすすめ。ダートを組み合わせてアピールしましょう。

ドリフト

流れがある河川などで活躍するドリフト。

このコウメもドリフトが効果的となります。このコウメはスローに動かしてもアクションする設計。流れてドリフトしている最中にもしっかりとバイブレーションしてくれます。

もっと波動を出したい場合はダウンに入れて流すやり方がおすすめ。

コウメの種類

アイマ・コウメは扱いやすいバイブレーションだけではなく、様々な状況によって使い分ける事ができるラインナップが魅力。

フィールドや自分の用途に合ったタイプを選びましょう!

koume 90

コウメシリーズの中で最大サイズであるコウメ90。

大型ベイトを捕食している時や、深いレンジを探りたい場合におすすめ。

最大サイズでも90㎜と扱いやすいのは変わりはありません!

全長 90㎜ 重さ 20g レンジ 160㎝オーバー

フックサイズ #4

港湾 
干潟 
河口 
河川 
サーフ
磯  

koume 70 80

コウメ70、80は通年使えるオールマイティー。

ジャストなサイズは扱いやすい事と状況を問わず使用できるメリットがあります。とにかく色々な場面で活躍できるサイズなので、迷えばこの70、80を勧めます。

ポイントに着いたらまず最初に投げたいコウメ70と80ですね!

全長 70㎜、80㎜ 重さ 15g(80)13g(70)

レンジ 80㎝(80)70㎝(70)オーバー

フック #6(80)#8(70)

港湾 
干潟 
河口 
河川 
サーフ
磯  

koume 60

コウメ60は小型ベイトを偏食するマイクロベイトパターンに最適

60㎜のサイズでも手元にしっかりと伝わる振動は、巻いている時も安心感があります。非常に扱いやすいサイズ。

マイクロベイトパターンには必須のコウメ60となります。

全長 60㎜ 重さ 11g レンジ 60㎝オーバー

フックサイズ #10

港湾 
干潟 
河口 
河川 
サーフ
磯  

koume ヘビーシリーズ

コウメシリーズにウェイトをアップしたコウメ ヘビーが各サイズに設定。

コウメシリーズの快適な使い心地はそのままに、従来モデルよりもウェイトを大幅アップ。ボトムトレースができることでシーバスはもちろん、クロダイ、フラットフィッシュにも効果的となります。

沖堤防やボートゲームでは欠かせないkoume90ヘビー。

水深やフォールスピードでオリジナルとヘビーを使い分けるとより効果的となります!

ヘビータイプ

コウメ90 28g レンジ 150㎝オーバー
コウメ80 20g レンジ 90㎝オーバー
コウメ70 18g レンジ 80㎝オーバー
コウメ60 17g レンジ 50㎝オーバー

アイマ コウメ おすすめカラー

出典 アイマ カタログ

アイマコウメにはオリジナルとヘビーにそれぞれ16種類のカラーがラインナップされています。

ベイトや釣り場の状況によって選択すると良いでしょう!

現在のカラーラインナップで特におすすめは、

  • マットチャート
  • マットオレンジブルー
  • ボラグロー

となります。

初心者でも扱いやすいスリムバイブレーション「アイマ コウメ」。

まだ使用した事が無い方は是非試してみてください!

ABOUT ME
タミカミ
福井県で自宅から徒歩3分で海!の環境に住んでいます。趣味の釣りをこよなく愛している働くおじさんです。 釣り歴30年という長い経験を活かし、今までの知識を全てブログに書いていきます!新しいルアーも挑戦して釣行します。 皆さんが欲しい情報を提供していきたいと思います♪ 記事に間違え等ありましたら、ご指摘いただけたら幸いです。 気軽にTwitterのフォローもお願いいたします!   
関連記事
シーバス

シーバスを川で釣る 初心者必見!

2020年2月20日
タミカミブログ
シーバス(鱸)釣りはルアーフィッシングの代表格と言っても過言ではないほど人気ですよね。あのトルクある引き、ルアーを外そうとするエラ洗い、一度かけたら病みつきになること間違いなしで …
シーバス

ダイソージグヘッドDJはコアマンVJより釣れるのか!?VJvsDJ徹底比較!シーバスはVJで決まり!

2022年6月17日
タミカミブログ
シーバスのエサと噂されるほどに釣れる、コアマンのバイブレーションジグヘッドVJ。 その実績は本物で現在も品薄状態であることは皆さんご …
シーバス

コアマンRJは釣れるのか?人気カラーと攻め方

2020年3月8日
タミカミブログ
コアマンVJが発売されてから今度はRJというルアーがコアマンさんから発売してます。VJはバイブレーションジグヘッドに対しRJはローリングジグヘッドです。 大人気によりVJが …